【帰国子女必見】英語力維持と向上のためにすべきこと

こんにちは、マーデンです。

4年間滞在していたアメリカから日本に帰国して約10年になります。

日本でも英語を勉強し続けた結果、TOEICのスコアを780点から905点に上げるなど英語力を向上させることができました。

さて、今回は同じような帰国子女が帰国後も英語力の維持と英語の向上をするためにすべきことを解説していきます。

下記のとおり

  • 洋書を読む
  • 英語で動画や映画を見る
  • 英語を話す

上記を深掘りします。

過去の自分は英語力の衰えを感じていたため、悩んでいました。今回の記事は「英語力の維持・向上に戸惑っていた過去の自分」に向けて書いていきます。

※似た悩みをしている方にとっては、参考になると思います。

帰国子女がすべきこと3つ

繰り返しですが、つぎのとおり。

  • その①:洋書を読む
  • その②:英語で動画や映画を見る
  • その③:英語を話す

それぞれ具体的に説明していきます。

その①:洋書を読む

英語の読解力が維持でき、向上させることができます。

過去の私は、洋書をほとんど読んでいませんでした。アメリカにいたころは簡単な小説をよく読んでいたのですが、日本に帰国した後は洋書が手に入りづらいというのもあり、読まなくなったのです。

洋書を読むメリットは多いです。英語読解力は向上するし、単語力も上がる、そして、何より新しい知識を増やすことができる。いいことありすぎなのに、やってなかったのはかなりもったいないです。

学生であるならば本を読む時間はあるはずです。1日10分でもいいから洋書を毎日読むべきですね。

あと、今ならアマゾンで簡単に洋書は手に入ります。なんなら、洋書のほうが安かったりします。

スマートフォンやタブレットをすでに持っている方であればKindleで洋書を読むことをおすすめします。

その②:英語で動画や映画を見る

リスニング力の維持・向上が期待できます。

私の場合は、なるべく英語の動画(YouTubeなど)を見るように意識しています。また、海外の映画は必ず英語で見るように徹底しています。

このリスニング力を鍛えるのは英語の中で一番簡単です。

インターネットさえあれば、YouTube、海外ドラマ、映画が無限に見れるわけですから。

本を読む習慣がある人は少ないかもしれないが、YouTubeで動画を見る人は多いと思います。なので、日本人向けの動画だけを見ている人は英語の動画も意識してみるようにしましょう。

その③:英語を話す

帰国子女が一番維持・向上に悩む分野がスピーキングなのではないでしょうか。

私はリーディング、リスニング、ライティングに関してはアメリカにいたときよりは上達していると思います。

しかし、スピーキングに関してはアメリカにいたときよりも劣っています。それはやはり、日本に帰国してからスピーキング、すなわち、英語で話す訓練をほとんどしていなかったからですね。

特に、私にはともにアメリカで過ごした姉や妹がいたため、日本に帰国しても英語で話す機会なんてたくさんあったのです。

それなのに、意識が低かったせいで今では英語で話すことに苦戦しています。

帰国子女のみなさんは早いうちに英語を話す習慣をつけましょう。

例えば、兄弟がいる方であれば週1で英語だけ話す会を開くなど。

    英語を話す相手が家庭内にいない場合は、
  • 海外の友達と通話
  • オンライン英会話
  • 日本内で英語を話す友達を探す
  • 海外の人と一緒にゲームで会って話す
など

やっぱりスピーキングを鍛えるハードルはかなり高いです。

それでも勇気をもって話す相手を探して、英語を話しましょう。

帰国子女が英語を維持するには意識が大事

いろいろと書いてきましたが、最も重要なのは英語を使う「意識」です。

意識がないと行動しない話

アメリカから帰国した直後、私は「英語の勉強を続けないと!」という意識がまったくありませんでした。

当時の私は「学校で学ぶ英語は簡単だし、英語なんて勉強しなくていいでしょ。」と考えていました。

自分より圧倒的に英語ができる英語圏の国に行ったことがない日本人がゴロゴロいるということを知って初めて「英語の勉強しなくちゃ!」と思うようになったのです。

ちょっと遅すぎましたね。

これを読んでいる帰国子女の皆さんは今すぐ英語の勉強の意識をもって上記で述べた行動を実践してください。

英語を習慣化する

最初は意識しながら勉強しますが、最終的には無意識に英語学習ができるようにするのが大切です。

意識的から無意識的に英語を学習するようにして「習慣化」する。

アメリカでは何も意識しないでも英語の知識が勝手に入ってくる環境でしたが、日本だと最初は意識せざるを得ないです。

それから徐々に習慣化することで日本でも英語力の維持・向上が可能となるのです。

最後に:行動は早めにしよう

私は英語の勉強するという意識をもつのが遅かったため今かなり苦戦しています。

アメリカから日本に帰国して英語を使わない時間があると、その分英語力が衰えます。

なので、できるだけ英語力の維持・向上のための行動は早めに実践しましょう。

また、私みたいに時間がけっこうたっちゃったという人も遅くはないです。海外で身につけた能力は潜在しているはずなので今すぐ行動しましょう。

「Better late than never」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

20歳の男子大学生(3年)です。マナブさんに触発されてブログを開設。学生をしつつ、ブログを毎日投稿&プログラミング(Web作成)の勉強をしています!将来はプログラミングで生きていきたい。趣味は音楽を聴くことで、主に邦ロック、洋楽、ラップを聴いています。ブログではNFの曲の歌詞和訳と解説をまとめています。 TOEIC:905、英検一級に向けて勉強中