【大学生必見】大学生って英語なにやればいいの? 解説します

こんにちは、マーデンです。

大学3年生になります。

私は日常的に英語を使うようにしています。(おもに、海外YouTubeの動画視聴と洋書を読むこと)

今回は英語をちょっとでも伸ばしたい大学生向けです。



大学生「あんまり将来について考えてないけど、自分みたいな大学生って英語勉強したほうがいいのか?勉強するんだったらなにを?やっぱり就職に役立つTOEIC?」



↑このような疑問を解決していきます。

大学生は英語何やればいい?

結論をいうと下記のとおりです。

  • ちょっとでも実用的な英語を習得したい → 実用的なリーディングとリスニングを勉強する
  • 就職を意識している → TOEICの勉強をする
  • 海外で働きたいor英語を話せるようになりたい → 海外に行ってみる

このように目的によって何をするかが変わります。

順番に深掘りしていきます。

ちょっとでも実用的な英語を習得したい大学生

もっと具体的にいうと、

・英語が少しでも日常で使えるようにしたい

例)海外のドラマ、海外のYouTubeの動画、洋書や洋楽をちょっとでも理解できるようになりたいという人

・そもそも「英語」が好きで趣味レベルで英語を勉強したい人

・これからいろんな国に行って旅行してみたい人

このように「英語」に対して楽観的なイメージを持っており、とにかく「英語」というものを習得したい人は

リーディングとリスニングを勉強することです。

じゃあ何をすればいいか、なんですが、

参考書を買ってリーディングやリスニングの問題を解くのではなく、

  • 海外のYouTubeの動画
  • 海外ドラマ
  • 洋画
  • 洋書
  • 洋楽

これらを日常に取り入れることです。

はっきりいって「英語のカタい勉強」は中学・高校までの知識で十分です。

あとはこれらの「実用的な英語」でひたすら訓練すればいいのです。

ただ、いきなりこれらをやれといってもかなり苦戦すると思います。

それでも、耐えながら継続的にやっていけば慣れます。そして、必ず英語が身に付きます。

これらを実践できる人はTOEICも伸びやすいです。

また、一番手っ取り早いのは「海外に行く」ことです。

英語圏の国に行くことで

日常=英語

というのが成り立ち、英語に依存するしかないので英語は劇的に伸びます。

ただ、海外に行かなくても実用的な英語は十分習得できます。

実用的な英語をひたすら日常で使うこと

就職を意識している大学生

就職で有利になる資格といえば「TOEIC」が有名ですよね。

英語は苦手だしあんまり勉強したくない人でも、就職で不利にならないためにTOEICをとったほうが賢明だと思います。

というのも、TOEICは短期的に勉強をすれば点数自体は上がるので英語が苦手な人でもやる価値ありだと思います。

TOEICを勉強しよう

就職を意識している学生はとりあえず、TOEICは勉強しましょう。(大学生なら時間はあるはず。)

TOEICの勉強にはさきほどの例と違い、参考書は必要になります。短期でTOEICのスコアをある程度伸ばしたい人は参考書をゴリゴリやっていきましょう。

英語はあまり勉強したくないし、「実用的な英語の習得」に興味がない方ならTOEICの勉強が一番コスパがいいと思います。

メリットは下記のとおり

・短期の学習で済む

・スコアが高ければ就職で有利

・一度高得点とってしまえばそれが永遠に残る


デメリットは下記のとおり

・勉強がつらい

・TOEICは難しい

・高スコアがでるとは限らない

海外で働きたいor英語が話せるようになりたい大学生

かなり少数だと思いますが、海外で働きたい人や英語が話せるようになりたい人は

海外に行きましょう。(大学生なら長期休みや留学があるので可能だと思います)

海外に行けば、いやでも英語を話さなければなりません。この環境が結構大事です。また、可能な限り英語で会話をしましょう。せっかく海外に行ったのに誰ともしゃべらず終わってしまっては行った意味がないです。

上記のとおりです。

ぶっちゃけ日本人の英語のレベルは高いです。ただ、英語を話す機会がほぼないので、スピーキングに関しては弱いところがあります。

英語を話すポテンシャルはあるはずです。海外に行って「英語で会話ができた」という経験をしてください。一番重要です。これで自信がつき、この経験は将来非常に役に立つと思います。

    その他のメリット
  • ほかの国の文化を知れる
  • スピーキング以外の英語力も身につく
  • 就職の面接で「海外行った」といえる
  • 自分に自信がつく

海外に行くはメリットありすぎですね。

デメリットはお金がかかることくらいでしょうか。

英語が話せるようになりたい人は海外に行きましょう。

まとめ

    実用的な英語を習得したい大学生
  • 実用的な英語(海外のYouTubeの動画、洋書)を日常に取り入れる
  • 海外に行くのもあり
    就職を意識している大学生
  • 短期的なTOEICの勉強だけでOK
  • 難易度が高いため結果が必ず出るとは限らない
    英語を話せるようになりたい大学生
  • 海外に行きましょう
  • 積極的に話しかけるべし
  • メリット多い

今回はここまでです。3つのうちどれかにあてはまった大学生は行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

20歳の男子大学生(3年)です。マナブさんに触発されてブログを開設。学生をしつつ、ブログを毎日投稿&プログラミング(Web作成)の勉強をしています!将来はプログラミングで生きていきたい。趣味は音楽を聴くことで、主に邦ロック、洋楽、ラップを聴いています。ブログではNFの曲の歌詞和訳と解説をまとめています。 TOEIC:905、英検一級に向けて勉強中