【参考書不要】 誰でもできる英語の勉強法を教えます

こんにちは、マーデンです。

今回は誰でもできるリスニングとリーディングを重視した英語の勉強法を教えます。

私は海外に4年住んだことがあり、高校生の時に受けたTOEICのスコアは780点でした。

それから、大学に入って2回目に受けたTOEICは905点でした。

参考書の類は一切使っていません。

この勉強法というのは、結論から言うと、「日常生活に英語を取り入れる」ということです。

今回はそんな英語の勉強法について解説します。

誰でもできる英語の学習方法を解説する

繰り返しですが「英語を日常的に使う」です。

多くの人は「英語は勉強するもの」だと思っている

下記のとおり。

  • ダメな例:とりあえず英語はできたほうがいいらしいから英語を勉強する
  • 正しい例:海外の動画でプログラミングを学びたいから英語あまり得意じゃないけど動画見てみる

上記のとおり。

意識の違いです。ダメな例は「はっきりとした目的がない勉強」をしていますよね。行動の動機が「英語はできたほうがいい」というモチベーションになっており、これがダメな例です。

一方で正しい例は「明確な目的の先に英語を使う」という行動です。

これが持つべき意識です。

多くの人は誤った英語の認識をしている

英語はあくまでも目的を果たすためのツールです。

例えば、プログラミングの勉強がしたくて良質な英語のプログラミングの動画を見るために英語というツールを使う。

日本語も全く同じことが言えます。

・人とコミュニケーションをとる

・ニュースを読んで情報収集

・動画を視聴して楽しむ

いずれも日本語を使いますが、だれも「日本語の勉強」という意識は持たないはずです。

目的を果たすための手段です

英語でも同じことが思えるように意識を変える必要があります。

日常と英語を繋げる

というわけで、大切なことは「英語を日常で使う」です。

例えば下記のとおり。

  • 音楽が好きだから、洋楽を聴く
  • 本が好きだから、洋書を読む
  • 海外ドラマが好きだから、英語で聞いてみる
  • 海外のプログラミングの動画で勉強したいから、見てみる

上記のイメージです。

タイトルでは勉強法とか書いてありますが、もはや勉強ではないです。

そしてさらに大切なことは、日常的に行う、つまり「継続的に実施すこと」です。

「こんなの全部日本語で十分だし」と思う人は こちらを参照してください。

最初がしんどすぎて続けるのが無理

「英語を日常に取り入れる」という勉強法ですが、

続けるのがこの上なく難しいです。

英語の動画を見ても何言っているかわかんないし、ただただ苦なだけです。

「英語をツールとして」とかきれいごとにもほどがあると感じると思います。

私もアメリカにいたとき、漢字の「一」すら知らない私が親に漢字練習を促されました。

結果、、、

まったくできなかった

10個の漢字を10回練習する。

一分後、確認テスト。

1つも書けない。

こんなもんです。

当たり前ですが、すぐやめました。なぜなら、ただただ苦だったからです。

なので、英語も同じように最初は大半の人は挫折します。

この英語の勉強法はやるのは簡単ですが、継続するのは無理ゲーです。

無理ゲーを攻略する

一日一分から攻略する。

一分ならたぶん続けられると思います。

面白そうな英語の動画を一本見る、洋楽を一曲聴いてみる。

重要なのは毎日継続することです。そして、英語を勉強することを目的としないことです。

あくまでも、目的は別にあって英語はその手段として使う。

まとめ

  • 英語を勉強するという意識は捨てる
  • 英語はただのツール
  • 動画、海外ドラマ、本を英語というツールで攻略
  • 毎日続ける

上記のとおりです。

私も、アメリカから日本に帰ってきたとき日本語という無理げーを強いられました。

最初は、「こんなの絶対できるようになれない」と思っていましたが、

日本語=日常

というのが成立していたので、日本語はある程度攻略できました。

それでは、以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

20歳の男子大学生(3年)です。マナブさんに触発されてブログを開設。学生をしつつ、ブログを毎日投稿&プログラミング(Web作成)の勉強をしています!将来はプログラミングで生きていきたい。趣味は音楽を聴くことで、主に邦ロック、洋楽、ラップを聴いています。ブログではNFの曲の歌詞和訳と解説をまとめています。 TOEIC:905、英検一級に向けて勉強中