英語のListeningとReadingだけでも習得すると世界が変わる話【人生超楽になります】

こんにちは、マーデンです。

私は6歳からアメリカへ移住し、だいたい4年半暮らしました。

それから約10年がたちますが、今でもその時に習得した英語の恩恵を受けています。

英語が超できる、というわけでもないのですが、英語の基本的な聞き取りと読解は難なくできます。

今回はそんな英語の話です。

英語のListeningとReadingを習得すれば人生が楽になる

英語の聞き取り、読解ができるようになれば世界が変わります。

英語の情報をスルーしている人は損している

日本にいても英語は日常的に出てくる。その情報を吸収するための英語スキルがある人は少ないです。

だからこそ、英語ができれば他人と差をつけることができるのです。

悲報:日本に住んでいるから日本語だけでokという考えはオワリ

よく「日本に住んでいるし、これから日本でないし、日本語だけで生きていけるでしょ」という話を耳にします。

確かに、生きていけないことはないです。ただ、今の時代、日本語だけに依存していると損することが多いです。特に、インターネットが普及してきて英語の情報が平気で飛び交います。

そんな中、「英語だから思考停止でスルー」だと、どんどん置いていかれます。

私の例:英語はどこで使えるか

正直、この英語のスキルがない生活は想像できません。

というのも、私の英語の主な使い道は下記のとおりです。

  • 洋楽を聴く
  • 洋書を読む
  • 映画鑑賞
  • 海外のYouTubeの動画視聴

特に、映画鑑賞以外は毎日してます。多くの方は、YouTubeを頻繁にみるのではないでしょうか。

もちろん日本人用の動画でも十分楽しめますが、英語で質が高くて、面白い動画もいっぱいあります。

英語が話されている動画は、日本語のものよりけた違いに多いです。だから、当たり前ですが、良質な動画もその中からでてきます。

結論:英語の聞き取り、読解を習得する

英語で情報収集ができるようなスキルを身につける。

これができれば、より質の高い情報を得ることができ、その情報でまた新たな情報を得る。他人と大きな差をつけることができます。

なので、「日本語だけでいいや」という考えは捨てて、「英語を使えるようにしよう」という意識を持ったほうがいいかなと思います。

英語を勉強する環境はそろっている【手軽、無料】

私は海外に行ったことがあるが、海外経験のない人でも私より全然英語ができる人はたくさんいます。

今の時代、英語を勉強するのは簡単です。

YouTube、音楽、洋書、そして英会話さえもスマホ一つあればできてしまいます。

英語ができるだけで評価されたりする

日本人って英語ができるだけで評価するということが結構ありますよね。

世界には二言語以上話せる人が思ったよりもいます。

むしろ、日本みたいに一つの言語しか使わないほうがマイノリティだったりします。

英語ができればいいことありすぎです。

英語が苦手でも大丈夫

「でも、お前は海外経験があるからいいだろ!俺は英語が昔から苦手なんだよ!」

というかもしれませんが、はっきりいって英語が苦手でも大丈夫です。

今回、私の言う英語は”聞いた、または、読んだ英語がどんな内容なのかをなんとなく理解すること”です

正確な和訳、正しい文法はどれか選ぶ、なんていう知識はぶっちゃけ必要ないです。

海外でもよく間違った文法を使っている人もいます。

するべきことは、英語を聞くことと読むことだけでいいです。

私も、アメリカでなにをやっていたかというと、

・スポンジボブを見る

・本を読む

でした。(これだけではないですが)

英語を聞く、英語を読むということを継続的にすることがポイントです。

なので、英語の動画を一日一本見ることから始めてはいかがでしょうか。

最初は苦でしかないかもしれないが、続けると見えてくるものがあります。

ListeningとReadingができれば世界が変わります。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    20歳の男子大学生(3年)です。マナブさんに触発されてブログを開設。学生をしつつ、ブログを毎日投稿&プログラミング(Web作成)の勉強をしています!将来はプログラミングで生きていきたい。趣味は音楽を聴くことで、主に邦ロック、洋楽、ラップを聴いています。ブログではNFの曲の歌詞和訳と解説をまとめています。 TOEIC:905、英検一級に向けて勉強中