NF -I Miss The Days- 昔の日々が恋しい 【歌詞和訳&解説】

こんにちは、マーデンです。

今回は2019年リリースのNFの「I Miss The Days」という曲の歌詞和訳と解説をしていきます。

NF -I Miss The Days- 【歌詞和訳】

[Verse 1]

I miss the days when I had a smile on my face and
Wasn’t so caught up in all of the small things
Wasn’t so adamant that I could handle everything alone
And wasn’t so cautious and always exhausted

よく笑ってた日々が恋しい
小さいことは気にしなくてよかった
全部自分でやりきれるほど強くはなかったけど
無頓着で疲れることなんてなかった

And actually listened to things that my heart said, heart said
Ridin’ my bike, just ridin’ my bike
Not overthinkin’ my life
Not always wonderin’ if I’m a likable person

あのころは自分のこころに従ってた
ただバイクに乗って
人生についてあまり深く考えずに
自分がほかの人に好まれるかなんて気にしないでさ

Or someone that nobody likes
Not always stressed about money or losin’ my job
Or scared I ain’t makin’ a flight
Not always goin’ to bed every night
With this knot in my stomach that never unwinds

嫌いな人もあまり気にしなかった
お金のこととか仕事を失うことも気にしてなかった
飛行機代のことも怖くなかった
お腹に治らない痛みをかかえて毎晩寝なくて済んた


What happened to me? Yeah, what happened to me?
When did I start to believe I wasn’t worth it
Then question my purpose to breathe?

俺はどうなってしまったんだ、俺になにが起きたんだよ
いつから自分に価値がないなんて思うようになったんだ
いつから自分が息してる目的を問うようになったんだ

Wonderin’ who I should be
Happiness out of my reach
Scared to get back on my feet

自分がどんな人になるべきか考えて
幸福はもう手が届かないところにある
立つことも怖くなった

Need to get rid of what’s detrimental, but it’s hard to let go
When the thing that hurts you help you get to your dreams
See, I miss the days when I wasn’t so faded

自分の中の有害なものは取り除かないといけない、だけど、手放すのが難しい
自分を痛みつけるものが自分の夢に近づけさせるものだから
俺にまだ活気があった日々が恋しいよ

Love wasn’t always invasive, I could embrace it
Just innocent, waitin’, not always livin’ in anguish
When did I break and become overtaken?

愛はいつも侵略的じゃなかった、俺も抱くことができた
正直になって、ちょっと我慢して、苦痛なんてほとんどなかった
でも、いつから壊れた?いつから支配されるようになったんだ?

What was the moment I caved and
Gave away all of my faith and made a replacement?
I miss the days when, I miss the days when—

いつから殻にこもって
信念を捨てて置き換えてしまったんだ
あのとき、あの日々が恋しい、、、

[Chorus]

I miss the smiles we had when we were young (Oh)
I miss the memories of feeling love (Oh)
I miss us runnin’ underneath the sun (Oh)
Staring out the window when the rain would come (Oh)

小さいときの笑顔が恋しい
愛を感じてた思い出が恋しい
太陽の下で走り回ってた自分たちが恋しい
雨が降った時は窓から外を眺めてさ

I miss the smiles we had when we were kids, yeah (Oh)
I feel like life was so much simpler then, yeah (Oh)
When we had joy and we were innocent (Oh)
I’d give it all to feel that way again, way again

まだ子供だったときの笑顔が恋しい
そのときは人生がすごく単純だった
喜びながら純粋無垢なこころをもってた
あのときのような気持ちを取り戻せたら、なんでもささげる

[Verse 2]

Give me my mind back, yeah
Give me my mind back
The one that told me I was worth somethin’ when I fall flat
Yeah, fall flat

俺のこころを返して
俺のこころを返してくれ
倒れても自分を大切にできた頃のこころを
倒れても、、、

The one that told me I was worth somethin’ when I’m off track
Back when my imagination wasn’t in a cage and it was free to run fast
Yeah, give me my mind back
Yeah, give me my, give me my mind back

道を外れても自分に価値があると言ってくれたこ頃のこころを
俺の想像が鳥かごなんかに閉じ込められず、自由に走ってた頃の
俺のこころを返して
俺の、俺の心を返してくれ

Before it was hijacked and wasn’t described as
A place of limitation, always indicating I can’t
Handle everything from my past
Handed anything it dissects ‘til I’m depressed
I know I’m blessed, but I’m cursed too

ハイジャックされる前
限界なんてなかった頃のこころを返してくれ
過去の嫌な思いを掘り起こして
うつになるまですべてを切り裂かれた
恵まれてるのは知ってるけど、呪われてることも知ってしまった

Take me back when I was happy, but I wasn’t actin’
Vulnerable but didn’t see it like some kind of weakness
Or a thing that’s unattractive
Had emotion, but I learned to mask it

演技なしでこころの底から幸せだった頃に戻してくれ
傷つきやすかったけど欠点としてとらえてなかった頃に
けがれているものとしてとらえてなかった頃に
感情はあるけど、仮面をかぶるようになってしまった

Didn’t know what I was runnin’ after
Didn’t know the older I would grow
The more I’d lose control and take in all the baggage
It’s really sad when everything you thought was stable crashes

何を追いかけていたのかわからなかった
年を重ねるたびに
抑えられなくなって、負担を全部背負うようになるなんて知らなかった
自分が丈夫だと思っていたものが壊れると本当に悲しい

Everything you thought would take the sadness
Really only made it deeper, got me off the deep end askin’

自分が大切に思ってきたものが悲しさを引き受ける
より深刻にさせるだけだった、俺は我を失ってこう尋ねる

Will we ever feel like we imagine?
Will we ever feel like we adapted?
Will we ever feel like we did back then?
Just take me back when, just take me back when

思った通りに感じれる?
周りに溶け込めたと感じれる?
あのときのように感じれる?
もうあのときに戻してよ、あの頃に戻してくれよ

[Chorus]

I miss the smiles we had when we were young (Oh)
I miss the memories of feeling love (Oh)
I miss us runnin’ underneath the sun (Oh)
Staring out the window when the rain would come (Oh)

小さいときの笑顔が恋しい
愛を感じてた思い出が恋しい
太陽の下で走り回ってた自分たちが恋しい
雨が降った時は窓から外を眺めてさ

I miss the smiles we had when we were kids, yeah (Oh)
I feel like life was so much simpler then, yeah (Oh)
When we had joy and we were innocent (Oh)
I’d give it all to feel that way again, way again

まだ子供だったときの笑顔が恋しい
そのときは人生がすごく単純だった
喜びながら純粋無垢なこころをもってた
あのときのような気持ちを取り戻せたら、なんでもささげる

[Chorus]

I miss the smiles we had when we were young (Oh)
I miss the memories of feeling love (Oh)
I miss us runnin’ underneath the sun (Oh)
Staring out the window when the rain would come (Oh)

小さいときの笑顔が恋しい
愛を感じてた思い出が恋しい
太陽の下で走り回ってた自分たちが恋しい
雨が降った時は窓から外を眺めてさ

I miss the smiles we had when we were kids, yeah (Oh)
I feel like life was so much simpler then, yeah (Oh)
When we had joy and we were innocent (Oh)
I’d give it all to feel that way again, way again (Oh)

まだ子供だったときの笑顔が恋しい
そのときは人生がすごく単純だった
喜びながら純粋無垢なこころをもってた
あのときのような気持ちを取り戻せたら、なんでもささげる

NF -I Miss The Days- 【歌詞解説】

曲名の通り、NFは昔の日々を恋しく思う気持ちを表している曲となっております。

Verse 1

I miss the days when I had a smile on my face and
Wasn’t so caught up in all of the small things
Wasn’t so adamant that I could handle everything alone

NFの音楽の多くはネガティブな歌詞が見られますが、昔は笑顔もあったことがわかります。

Ridin’ my bike, just ridin’ my bike
Not overthinkin’ my life
Not always wonderin’ if I’m a likable person
Or someone that nobody likes
Not always stressed about money or losin’ my job
Or scared I ain’t makin’ a flight
Not always goin’ to bed every night
With this knot in my stomach that never unwinds

昔は今と違って、心配することや不安に思うことがあまりなかったということです。確かに、子供のころは無邪気に人生を送ってきた人が多いと思います。

What happened to me? Yeah, what happened to me?
When did I start to believe I wasn’t worth it
Then question my purpose to breathe?
Wonderin’ who I should be
Happiness out of my reach
Scared to get back on my feet

大人になって自分の存在意義や価値を意識するようになります。

Chorus

I miss the smiles we had when we were young (Oh)
I miss the memories of feeling love (Oh)
I miss us runnin’ underneath the sun (Oh)
Staring out the window when the rain would come (Oh)
I miss the smiles we had when we were kids, yeah (Oh)
I feel like life was so much simpler then, yeah (Oh)
When we had joy and we were innocent (Oh)
I’d give it all to feel that way again, way again

ネガティブな今と違って、むかしは明るくて幸せを感じることができる人生だったことが強調されています。

Verse 2

Give me my mind back, yeah
Give me my mind back

人生が明るかったときの「こころ」を取り戻したいという気持ちが表れています。

I know I’m blessed, but I’m cursed too

昔は恵まれてるかどうかなんて気にしてなかったが、大人になって恵まれていることに気づく。しかし、それと同時に世界の悪い側面も知ってしまう。

Had emotion, but I learned to mask it
Didn’t know what I was runnin’ after
Didn’t know the older I would grow
The more I’d lose control and take in all the baggage

大人になったら自分の思い通りにいかないこと、世間の都合のいいように動かないといけないことを知る。

Will we ever feel like we imagine?
Will we ever feel like we adapted?
Will we ever feel like we did back then?
Just take me back when, just take me back when

昔のような感情を取り戻すことができるのか?そんな疑問を投げて、もう手に入ることができないけど、あのときに戻りたいという切ない願いが伝わってきます。

今回はこれで以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です