The Killers -Caution- 【歌詞和訳】

こんにちは、マーデンです。

今回は2020年にリリースされた’The Killers’の「Caution」という曲の歌詞和訳をしていきます。

The Killers -Caution- 【歌詞和訳】

[Intro]

And there is nothing
I want to do
There is nothing
I want to give
There is nothing
Come my way

なにも
やりたいことがない
なにも
与えたいものがない
なにも
ぼくの邪魔をするものはない

[Verse 1]

Let me introduce you to the featherweight queen
She got Hollywood eyes, but she can’t shoot what she see

羽のように軽い女王を紹介しよう
彼女はハリウッドスターの目を持ってる、でも見えるものは撃てない

Momma was a dancer, and that’s all that she knew
‘Cause when you live in the desert that’s what pretty girls do

母さんはダンサーだった、ダンスのことしか知らなかった
砂漠で暮らしてるかわいい女はみんなそうだ

[Chorus]

I’m throwin’ caution, what’s it gonna be?
Tonight the winds of change are blowing wild and free

ぼくは大胆に行くさ、どうなるんだろう
今夜は変化の風が野生で自由に吹く

「throw caution to the winds」で「大胆に行動する・後先考えずに行動する」という意味になります

If I don’t get out, out of this town
I just might be the one who finally burns it down
I’m throwin’ caution
I’m throwin’ caution

この町から出ないと
最後には、ぼくが燃やしてしまうかもしれない
大胆に行く
大胆に行く

[Verse 2]

Never had a diamond on the sole of her shoes
Just blacktop white trash straight out of the news

彼女の靴底ですらダイヤは見つからない
ただアスファルトに捨てられた新聞紙だけだ

Doesn’t like birthdays, they remind her of why
She can go straight from zero to the Fourth of July

彼女は誕生日が好きじゃない
0から直接7月4日に行けることを思い出させるから

7月4日はアメリカの独立記念日です。

[Chorus]

I’m throwin’ caution, what’s it gonna be?
Tonight the winds of change are coming over me
If I don’t get out, out of this town
I just might be the one who finally burns it down

ぼくは大胆に行くさ、どうなるんだろう
今夜は変化の風が野生で自由に吹く
この町から出ないと
最後には、ぼくが燃やしてしまうかもしれない

I’m throwin’ caution
I’m throwin’ caution
I’m throwin’ caution
I’m throwin’ caution

警戒心を捨てて、大胆に行く

[Bridge]

‘Cause it’s some kind of sin
To live your whole life
On a might’ve been
I’m ready now

「ああしていれば」とか、「こうしていたら」とか
そんなことばかりの人生を送ることは
何かしらの罪だ
今は準備はできてるさ

今回はこれで以上です。

2 件のコメント

  • そうだったかもしれないって…笑
    ここは多分「たられば」の人生をずっと生きることは罪だってニュアンスだと思いますよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です